ワキガ 病院

ワキガは病院で治そう!気になる治療と病院選びのポイント

ワキガは肉体的な問題だけでなく、精神的にも大きなストレスを感じてしまう症状です。できれば早く改善したいワキガは、病院で治療することができます。

 

では実際にワキガ治療はどんなものなのか、今回はワキガ治療の流れや方法などを詳しくご紹介します。

 

病院でワキガ治療を行う流れ

ワキガ治療を行う場合、皮膚科・形成外科・美容外科などを受診しましょう。病院を受診してまず初めに、あなたのワキガの度合いを調べることになります。専門的に診てもらうことで、症状に合わせたこれからの治療方針が決定していきます。

 

症状が軽度である場合は、内服薬や外用薬での治療が主になります。ワキガ治療で病院から処方される薬は、内服薬の臭化プロバンテリン(プロバンサイン)と害服薬の塩化アルミニウム液が一般的です。

 

この2つの薬は多汗症治療にも用いられるもので、汗の分泌を抑制する働きがあります。軽度なワキガであれば、薬だけでもかなりの改善が期待できるでしょう。

 

ワキガが中度~重度である場合、手術による治療になります。

 

ワキガ特有の臭いが生じる原因は、皮膚の中にあるアポクリン腺と言われる汗腺から分泌される汗です。汗が盛んに分泌されることで、雑菌が常在・繁殖し、ニオイを強くしています。

 

中度のワキガであれば、美容外科でよく用いられるボトックス注射を患部に打ち、ワキガの原因となっているアポクリン腺の働きを抑制し、汗の分泌を減少させていきます。

 

より重度のワキガには、剪除法(直視下手術)や、皮下組織吸引法・超音波吸引法(非直下手術)により、皮膚内のアポクリン腺自体を除去する手術を受けることになります。

 

ワキガ治療で受診する病院を選ぶポイント

受診した病院によってはワキガ治療の症例が少ない場合もあり、ワキガ治療の専門的な知識がないことがあります。病院を選ぶ際には、受診する病院がワキガ治療の実績があるかどうか、事前に調べておくことが重要です。

 

手術によっては傷が残ったり、再発したりとデメリットが生じる可能性もあります。しっかりカウンセリングし、気になる箇所は直ぐに相談できるような信頼できる医師の元、治療を始めましょう

 

ワキガを自由診療で行うと、かなり高額な治療になってしまいます。病院によっては保険適用してくれるところもあるので、こちらも合わせて事前に調べておきましょう!

 

ワキガ治療は信頼できる病院で!

ワキガの症状は自分で判断するのが難しいため、医師の専門的な見解が重要になります。あなたがずっと悩んできたワキガは、意外と軽度で治療で簡単に改善することも考えられるのです。

 

受診したことで精神的ストレスが軽減し、ワキガの症状が緩和した人もいるのです。
まずは信頼できる病院・医師に相談し、自分に合った治療を始めることが大切です。

 

今回ご紹介した治療や病院選びのポイントを参考にして、ワキガ改善の一歩を踏み出しましょう!