ワキガ 電車

ワキガが気になる満員電車…乗車する時に気になるニオイ対策!

ワキガに悩む方の中には、電車に乗ることを躊躇してしまうほどニオイを気にしてしまうことがあります。特に乗車率の高い電車に乗る際には、周囲の人との距離が近いため、周りの目が気になって仕方ない…なんてことも。

 

そこで今回は電車に乗る時のワキガ対策について詳しくご紹介していきます。

 

電車に乗る前にできるワキガのデオドラント対策

ワキガ特有の臭いは、アポクリン腺という汗腺から分泌される汗により雑菌が繁殖することが原因になっています。ワキガのニオイを防ぐためイは、汗の分泌と雑菌の抑制が重要なポイントになります。

 

そこで電車に乗る時のワキガ対策でオススメなのが制汗剤です。今はスプレーやクリーム、ロールオンなど様々なタイプの制汗剤が市販されています。特に塩化アルミニウムが含まれる制汗剤は、汗腺自体にフタをして汗の分泌を抑制する働きがあります。

 

また制汗剤を選ぶ時には無香料タイプがおすすめです。ニオイが気になるあまり、強い香りのものを選びがちですが、電車のような密閉された空間では、その香りが余計に鼻についてしまい、返ってワキガのニオイが気になる原因になってしまいます。

 

またアルコールタイプの制汗剤は、殺菌効果は期待できますが、揮発してしまうためワキガのニオイを拡散してしまう可能性があります。電車のような狭い空間に行く場合には、アルコールフリーの制汗剤を選びましょう。

 

満員電車でワキガのニオイがきつくなる!?

電車に乗ると、ワキガのニオイが特にきつくなったと感じることはありませんか?
それは狭い車内で、人が密集している事だけが原因ではありません。

 

実はワキガのニオイをきつくしている原因は、その電車という状況に緊張したり、周囲の人の目を気にしたりしてしまう、精神的なストレスによって汗腺が刺激され、過剰な汗の分泌を引き起こしてしまうことがあります。

 

ストレスの刺激により分泌された汗は、通常の汗に比べ皮脂を多く含みベタついています。この皮脂を多く含むベタつく汗は、雑菌が繁殖しやすく更にワキガのニオイをきつくしてしまうのです。

 

電車に乗る時や狭い空間にいる時には、あまりワキガのことを意識しすぎずに、リラックスしておくことも重要です。

 

電車に乗る時はワキガ対策に意識して!

電車という狭く人が密集する空間にいる時には、普段よりもワキガのニオイに敏感になってしまいがちです。しかしそういった焦りが更にニオイをきつくしてしまうので、あまり意識しすぎない事が大切です。

 

また電車の乗る前に脇を拭いたり、乗車する人が多い時間帯の電車を避けたりと、自分でできる対策を考えておくことも大切です。

 

生活の中でよく利用する電車だからこそ、ワキガを気にせずに乗れるように自分になりに工夫してみましょう!