ワキガ 食事

ワキガ対策は食事が重要!体質改善のために意識したい食生活

日本人の10人に1人の割合でワキガは発症しています。しかしこの割合は年々増加傾向にあり、その原因に食生活の変化が大きく関わっています。

 

では一体どのような食生活がワキガの原因になっているのか、改善するために必要なポイントをしっかり押さえていきましょう!

 

ワキガの原因になっている食事とは…

ワキガになってしまう原因はいくつかありますが、発症のきっかけは日々の食生活が大きく影響しています。

 

ワキガ特有の臭いが生じる原因は、汗腺から分泌される汗です。特に「アポクリン腺」と言われる汗腺から分泌される汗に含まれる成分により、細菌が繁殖したり酸化したりすることによって強気臭いを発してしまうのです。

 

その為、脂っぽい食事や動物性たんぱく質を多く含む食事をしていると、アポクリン腺を刺激することになり、皮脂量の増加・雑菌の繁殖を引き起こしてしまうのです。

 

近年は日本の食生活も欧米化が進んでおり、肉類を中心とした脂質の多い食事がメインになってきています。

 

特にワキガに影響を与える食事のポイントは、肉類・脂質・香辛料などの刺激物・過度の塩分・インスタントやファストフードなどの添加物を多く含む食事などです。また栄養バランスが偏ったり、不規則になったりすることでもワキガに影響を及ぼしているのです。

 

ワキガ対策に!日頃の食事を見直すポイント

ワキガのきっかけに食事が大きく関わっているため、食生活を見直すことがワキガの改善に効果が期待できます。

 

最近は私たちの食卓で、欧米型の食事が多い傾向にありますが、脂質の多い食事をとっている欧米ではワキガになる確率が70%~100%とかなり高く、ほとんどの人がワキガになっていると言っても過言ではありません。

 

もともと日本人は世界的にみると、ワキガになる人が少ない傾向にあります。それは脂質の少なく栄養バランスの整った和食が大きな要因とも言われています。そのことからも肉類中心の食事を控えて、魚や野菜中心に変えていきましょう。

 

また和食材の中には、梅干し・しじみ・酢・海藻類・きのこ類など、ワキガの臭いを抑制する効果が期待できるものがたくさんあります。和食中心の食事を意識することで、ワキガの軽減や発症リスクを減らすことができます。

 

ワキガ対策には和食を意識した食事を!

ワキガを改善するためには、和食を意識した食事が重要なポイントになります。
また食事の質にこだわるとともに、規則正しい生活を送ることで、根本的な体質改善ができるようになっていきます。

 

もともとワキガが少なかった日本では、和食がワキガや体臭を抑える働きをしていたとも言えるでしょう。ワキガに悩んでいる方は、今回ご紹介した食事のポイントをぜひ参考にして、日々の生活の中で意識してみてはいかがでしょうか。

 

ワキガの悩みは体の中から改善して、ストレスない毎日を送りましょう!