ワキガ 服

気になるワキガ臭!服についたニオイをとる方法と予防法

ワキガ特有のニオイは、衣服を介していることも多く、服に付いたワキガのニオイは、洗濯したぐらいではなかなか取れません。

 

ワキガで悩む人の多くが直面する、服に付いたワキガ臭。
今回はそんな気になるニオイをスッキリ除去する方法や予防する方法についてご紹介します。

 

服に付いたワキガ臭を除去する方法

脇にはアポクリン腺と言われる汗腺が多く存在し、このアポクリン腺から分泌される粘着性の高い汗がワキガのニオイの原因になっています。アポクリン腺から分泌された汗が服に付着し、繊維の中で菌が繁殖することで更に強烈な臭いへと変化していきます。

 

一度洗濯してもワキガ臭が消えなかった場合には、酸素系漂白剤で付け置きしてみましょう。40度前後のお湯に酸素系漂白剤を混ぜて、1時間程度付けておきましょう。付け置くことによってニオイだけでなく黄ばみも一掃することができます。

 

酸素系漂白剤は液体よりも粉末タイプの方がより効果が高いですが、粉末の方が洋服への負担が大きくなってしまいます。染みついたニオイの度合いや黄ばみの状態などに合わせて、選んでみましょう。

 

洋服の素材によっては漂白剤を使用してはいけないものもあるので、服に記載されてある品質表示をしっかりチェックしてから行いましょう。

 

またワキガ臭が軽度の場合は、衣服用の消臭スプレーも有効です。最近は脇専用の消臭スプレーも市販されているので、気になる方は試してみましょう!

 

服に付くワキガ臭を予防する方法

一度服に染み付いてしまったワキガ臭はなかなか除去するのが難しく、洗濯を繰り返すことで服自体を痛めてしまう可能性もあります。できれば服にニオイが付着する前に予防しておきたいものです。

 

服にニオイが染みつく原因は、やはり肌と服が直に接触して汗を吸収してしまうことでしょう。予防する方法としては、脇用のパットを使用し、肌と服の接触を避けることが重要です。

 

また最近では消臭・殺菌効果の高い肌着なども多数市販されています。服と肌の間に機能性肌着をはさむことで、ワキガのニオイを軽減し、服へのニオイ移りを予防することができます。

 

服に染み付いたワキガ臭は早めに対策を!

ワキガ臭の原因とも言えるベタつく粘度の高い汗は、一度服に付いてしまうと繊維の奥まで入り込んでしまいなかなか取ることが難しくなってしまいます。

 

普段ワキガのニオイに悩んでいる方の中には、そういったワキガ臭が染み込んだ服を着ていることで、汗と反応し更にニオイが強力なものになっていることもあるのです。

 

ワキガのニオイが気になる時には、早めに対処して、服にワキガ臭を残さないことが重要です。今回ご紹介した除去や予防を参考にして、洋服のお手入れに取り入れてみましょう!